聖花の私的なおしゃべり

聖花(きよか)の日記です。

同僚と一緒にご飯は牛丼を選ぶことが多くなりました

仕事をしている時の最大の楽しみは、仲のよい同僚と一緒にご飯を食べることです。
ご飯を食べている時は、同僚との会話で仕事を忘れることができます。
体を動かすことの多い仕事なので、ゆっくり座りながら食べるご飯は最高です。
午前中の疲れが消えるので、午後からの仕事もがんばることができます。
昼食する場所は、休み時間を利用して会社の近くのレストランなどです。
しかし、今週は仕事が忙しいので、外出して食べてくることができません。
会社の空いている部屋を使い、同僚と一緒に食べるようにしています。
お弁当を用意してくることもありますが、時間がない時には牛丼などが主な昼食のメニューです。
会社の近くには、数件の牛丼屋さんがあるので味の違いを確かめるのが楽しみになりました。
最近わかってきたことは、同じ牛丼と呼ばれているメニューでもお店によって使っている材料や味に大きな違いがあることです。
牛丼にかけてあるつゆの分量にも違いがあり、毎日食べていても飽きることがありません。
お昼休みが近づいてくると、同僚と何処の牛丼屋さんにしようか悩んでしまいます。
毎日のように同じメニューが続いていますが、同僚と一緒に食べるご飯は最高の美味しさです。
それから週末は奮発して神戸牛をお取り寄せしようと思ってます。
神戸牛お取り寄せ
調べてみると肉質の良いものだけが選ばれるので、神戸牛として売ってるお肉で美味しいくないお肉は存在しないということになります。
部位などもいろいろありますので、お好みで様々な食感や、和牛特有の脂の味が楽しめます。
また、味付け方法などによっても、多少の味の美味しさの違いは出てきます。